Attaqué par un grizzly

Posted by J-P in Photographie | Tagged | 6 Comments


Jim Cole

Voici une histoire qui glace le sang. Elle s’est passée mercredi de cette semaine. Un photographe américain de 57 ans, Jim Cole, dont la spécialité est de photographier les grizzlys dans leur habitat sauvage a été blessé par un de ces puissants ours. Cole était dans Hayden Valley du parc National de Yellowstone et revenait à son véhicule lorsqu’un grizzly a brusquement fait irruption sur son passage. L’attaque a duré 15 secondes. L’ours lui a donné un coup de patte sur la tête et au visage. Son oeil gauche a été éjecté de son orbite. Il est devenu presqu’aveugle après l’attaque, mais il était capable de distinguer vaguement la lumière de son autre oeil. Il a trouvé la force de survivre et a marché quelques miles pendant deux heures. Il a entendu des voix humaines et a crié à des visiteurs du parc qui l’ont aperçu dans son piteux état en train de s’évanouir sur le sol.

Cole a été transporté par avion dans un hôpital de l’Idaho où il est en train de récupérer. Les médecins l’ont opéré pour ses blessures au visage et ils étaient sensés lui réinstaller son oeil, mais je ne sais pas si l’opération fut un succès. Les traitements qu’il aura à suivre seront très longs. Il parait qu’il doit s’alimenter à l’aide d’un tube dans la gorge. Cet article de la gazette de la ville de Billings au Montana rapporte les terribles évènements.

Cole avait la réputation de s’approcher beaucoup trop près des animaux sauvages. En fait, il a déjà eu une contravention en 2005 puisqu’il ne respectait pas la distance minimale prévue par la loi entre les ours et lui.

Enfin, le type est chanceux d’être encore en vie puisqu’il a été attaqué deux fois dans sa vie par les ours et les chances de survivre à deux attaques sont très minces. Ce n’est jamais une bonne idée de se promener seul dans des territoires où foisonnent des grizzlys. Je souhaite qu’il s’en tire malgré tout le mieux possible. Il a publié plusieurs livres sur les grizzlys dont celui-ci, Lives of Grizzlies: Montana and Wyoming:

6 Responses to Attaqué par un grizzly

  1. Suzanne Lavoie says:

    Leçon pour un photographe!
    C’est là un accident tragique!

  2. Anonymous says:

    財布のコピー 時間を発表しますとても長くてとても長い前、人類はすべて更に赤く双足は歩いています。1人の国王はある辺鄙で遠い田舎の旅行に着いて、路面がでこぼこなため、とても多くてばらばらな石があって、刺すのは彼の足を得ます痛くてしびれます。王宮に帰った後に、彼はおりていっしょに命令して、国内のすべての道はすべて一層のほらに敷きます。彼はこのようにすると思って、自分になって、また彼の人民に幸福をもたらすことができて、みんなを歩かせます時もう受けて痛い苦しみを刺しません。たとえしかし最も国内のすべての牛を殺しますとしても、十分な皮革をも調達しきれないで、費やした金銭、使用する人力、更にはかりしれません。まったくできないが、甚だしきに至ってはまたかなり愚かで、しかし国王の命令なため、みんなも頭を振ってため息をつくことしかできません。1人の聡明な召使いは大胆に国王に提案を出しています:「国王!どうしてあなたは大勢の人を動員して、そんなに多い牛に命を捧げて、そんなに多い金銭を費やしますか?あなたは何は両の小さいほらであなたの足をしっかり包むだけではありませんか?」国王が聞いたのはとても驚いて、しかしもすぐ悟って、そこですぐに命令を取り消して、この提案を新たに採用します。聞くところによると、これは「革靴」の由来です。世界を変えたくて、難しいです;自分を変えて、比較的容易です。全世界を変えるよりも、先に自分の–「自分の双足を包みます」を変えるほうがいいです。自分のいくつかの観念と方法を変えて、外来の侵略を防ぎ止めますで。自分で変えた後に、目の中の世界の自然はすぐ引き続き変えました。 http://www.newkakaku.com/cdq1.htm

  3. Anonymous says:

    ブライトリングエアロマリンコピー時計の保護コーティングは、反時計方向に移動する、しばしば時計ダイバーで発見、tarnishing.Anベゼルを回転させる経過時間を防止するために添加されてもよいです 0.927600417 日本最高級スーパーコピーブライトリングエアロマリン時計通販専門店,高品質ブライトリングエアロマリンコピー,2015最新作、業界唯一無二.世界一流の高品質ブライトリングエアロマリンコピー,当店はスーパーコピー4専門店 . 0.166407381 ブライトリングエアロマリンスーパーコピー時計の手は主に白であるためには、のフレームも白色であるので、はやや困難に確認することができます . おすすめ人気ブライトリングエアロマリン時計,ブライトリングエアロマリンコピー. 人気ブライトリングエアロマリンコピー日本国内最高品質N級品通販専門店当店のスーパーコピー3時計商品は他店よりも質が高く、金額も安くなっております。 http://www.okakaku.com/brand-1-copy-7-cheap-0-max0-attr0.html

  4. Anonymous says:

    会見のゲストが含まれます:ロレックス最高経営責任者官迈ヤルノ(Bruno Meier)さん、国家体育総局にボールが運動管理センターの主任、中国ゴルフ協会副会長兼秘書長张小宁さん、中国ゴルフ協会副会長王立伟さん、上海市体育局副局長陈一平さん、上海市体育局競争処処長崔一宁さん、R&Aアジア太平洋区総監多米尼兄・ヴォル(Dominic Wall)さん、アメリカPGA選手権国際事務常務副総裁Ty Votawさんや身をロレックス巡茶」の世界トップ選手梁文冲。 http://www.bestevance.com/chanel/29/

  5. Anonymous says:

    フランス語で「舷窓」を意味するブランド名通り、ウブロスーパーコピーはビス留めのベゼルをシンボルとする時計界の風雲児的なブランドです。1980年創業の新しいブランドで、デビュー早々ゴールドケースにラバーストラップを組み合わせるという当時としては”常識破り”の「スポーツ1520」を発表し、一大センセーションを巻き起こしました。その最初の顧客が軍事クーデターで国を追われた元ギリシャ国王コンスタティノス2世であったことも、伝説的な語り草です。キッチュとも言える組み合わせの妙は、正当的な高級時計に飽きた王族などの上流階級に大人気となり、ウブロ時計コピーは”王の時計”とも呼ばれました。 フュージョン=融合をコンセプトとするウブロは、その後も伝統的な時計作りと革新的な発送を融合させて”常識破り”のウォッチを発表し続けています。ゴールドとラバーの組み合わせが他社に追随されると、今度はタンタリウムのケースにチタンのビス、タングステンの自動巻ローターといった仕掛けを施し、さらには文字盤も目盛りも針も真っ黒という「オールブラック」モデルで意表をつくなど、常にスーパーコピー腕時計の世界に新風を吹き込んでいます。 http://www.brandiwc.com/brand-super-27-copy-0.html

  6. Anonymous says:

    これは一種の海馬シリーズの腕時計、そのデザインセンスはさかのぼって1956年オメガの「海馬16」記念表項(Seamaster XVI)。ブランドコピー1956年にメルボルンで行われた第16回オリンピック大会を記念としオメガ1957年オリンピックの指定カウントダウンの25週年で、オメガ特別の発表した「海馬16」記念表項。 http://www.eevance.com/tokei/hermes

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *